青葉 太陽 造
『椿茶碗』

青葉 太陽 造


椿茶碗


口径10.3㎝ × 高さ7.8㎝


愛媛県宇治市の湊山に十連房の登り窯跡を昭和28年に発見し、その復興をはかる。湊山の古窯は、九州系の窯なれば、まず唐津焼を研究する。(奥高麗茶碗・朝鮮唐津・絵唐津・伊万里染付)
南朝鮮鶏竜山々麓の絵刷毛目・粉引・三島等を焼く。(鶏竜山々麓は唐津焼の古里と云う)
その後、備前・伊賀等の六古窯の地を歩き昭和51年に美濃の地にも六連房の登窯を築窯しました。
~太陽窯しおり より~

□ 昭和二十八年 父方の故郷愛媛宇治市に末広山復興を計り登り窯を築窯、同時に唐津焼の研究を始める。
□ 昭和五十一年 岐阜県土岐市に登り窯を築窯
現在故人となられております。


※ 写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。


この商品についてのお問い合わせはこちらからどうぞ。

■フリーダイヤル 0120-23-4648 (水曜日を除く9:00~18:00)

※携帯電話からお掛けの場合 0234-23-2222

■メールの方はこちらから

お名前 (必須)

ご住所

お電話 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

詳細をお書き下さい

お名前 (必須)

ご住所

お電話 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

詳細をお書き下さい