一ノ瀬 宗辰 造
『金鐐勝虫蓋置』

一ノ瀬 宗辰 造


金鐐勝虫蓋置


幅7㎝ x 高さ5㎝


初代一ノ瀬長太郎は明治八年に鋳銅職として業を起こしました。二代目宗右衛門(宗真)は明治二十三年に滋賀県能登川町の「亀文堂」波多野正平氏(現在京都の畑象六氏の本家)の隠れ職人となり、明治・大正・昭和初期の永きに亘って漢銅器を研究するとともに茶器・花器・香炉等の製作に精進しておりました。
日英同盟博覧会に出品し最高の金賞を、また万国博・商工展・文展・帝展等においても幾多の特賞及び大賞を受賞し、名工として高く評価されたのでありますが高岡銅器の振興のため子弟の養成や指導にも尽力して今日の基礎をつくりました。

三代辰男(宗辰)は、先代宗真の秘技を、そのまま受け継ぎ特に京都で茶道を習い、京銅器・茶器・花器等の金工と着色の粋を学び厳しく修行致しました。
日本美術茶器・花器振興展に出品し、昭和三十八年と四十八年の二回文部大臣賞を受けました。
四代新太郎(宗辰)は先代宗辰を襲名し、先祖代々の秘技を受け継ぎ、そのうえ古美術、茶道具を収集研鑽するとともにこれを製作に応用し、現在富山県作家協会会員、高岡市美術作家連盟会員、高岡市美術友の会理事として活躍中でございます。

~ごあいさつ より~


※ 写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。


この商品についてのお問い合わせはこちらからどうぞ。

■フリーダイヤル 0120-23-4648 (水曜日を除く9:00~18:00)

※携帯電話からお掛けの場合 0234-23-2222

■メールの方はこちらから

お名前 (必須)

ご住所

お電話 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

詳細をお書き下さい