武蔵川 義則 造
『螺鈿鳳凰香合』

武蔵川 義則造


螺鈿鳳凰香合


径7.5㎝ x 高さ2.8㎝


1949年 富山県高岡市に生まれる
1972年 父建三に師事。螺鈿技術の修行に入る
1977年 高岡伝統工芸加工技術振興展にて最優秀賞受賞
1983年 皇太子殿下・妃殿下御来高の折り、父建三と共に御前実演を行う
1985年 高岡市伝統工芸産業優秀技術者表彰受賞
1986年 労働大臣より、一級漆器製造技能士(螺鈿作業)に称せられる 

螺鈿(らでん)という技法は中国唐代に盛行し
日本に伝えられ、平安時代に多様な発展を遂げた技法になります。

※ 写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。


この商品についてのお問い合わせはこちらからどうぞ。

■フリーダイヤル 0120-23-4648 (水曜日を除く9:00~18:00)

※携帯電話からお掛けの場合 0234-23-2222

■メールの方はこちらから

お名前 (必須)

ご住所

お電話 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

詳細をお書き下さい

お名前 (必須)

ご住所

お電話 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

詳細をお書き下さい