熊谷 保興 造
『飾り皿 飛び魚』

熊谷 保興 造


飾り皿 飛び魚


径20.5㎝ x 高さ1㎝


上野焼は江戸時代初期、細川三斉公が小倉藩窯として上野郷に窯を創設させたことに始まります。
明治の初め廃藩置県により上野焼の廃絶を惜しんだ熊谷九八郎(中興の祖)が明治35年、国からの補助を受け上野焼を復興。上野焼12代半七より代を襲名し、上野焼本窯13代熊谷九八郎、14代龍峰、15代紅陽、16代保興として今日まで作陶を続ける。
~熊谷本窯の由来~より

昭和15年 福岡県田川郡赤池町上野に十五代紅陽の長男として生まれる
昭和37年 金沢美術大学彫刻科卒業、東京にて辻清明に師事する
昭和43年 西部工芸展にて48年まで、朝日優秀賞ほか6回受賞
昭和45年 第17回日本伝統工芸入選以後、本年度まで34回入選
昭和48年 日本工芸会正会員に推される
昭和50年 上野焼熊谷本窯第16代を襲名する。福岡玉屋にて個展
昭和56年 第16回西部工芸展審査員
昭和57年 小倉井筒屋にて食器をテーマに個展
昭和59年 国指定『伝統工芸士』に認定される
昭和61年 有楽町西武にて個展・柿傅ギャラリー茶陶展
平成元年 高輪アートサロンにて「壺」をテーマに個展
平成2年 秋篠宮殿下に「花入」を献上させる・とびうめ国体で来福の折、天皇陛下に「茶入」を献上される・皇太子殿下に「花入」を献上される
平成3年 「新作陶芸展」(日本橋三越)に毎年出品・柿傅ギャラリー選抜茶陶展に毎年出品
平成5年 小倉井筒屋にて「茶陶展」
平成6年 札幌・帯広にて「茶陶展」
平成7年 大英博物館買上。清水屋(酒田)にて「茶陶展」
平成8年 福岡県立美術館買上
平成11年 熊本・長岡にて「茶陶展」
平成12年 松菱(三重)、小倉井筒屋にて「還暦茶陶展」
平成13年 丸井今井(札幌)、新潟にて「茶陶展」
平成14年 京王百貨店(東京新宿)、三越(福岡)にて「開窯400年祭記念展」
平成16年 父子三人展(小倉井筒屋)


※ 写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。


この商品についてのお問い合わせはこちらからどうぞ。

■フリーダイヤル 0120-23-4648 (水曜日を除く9:00~18:00)

※携帯電話からお掛けの場合 0234-23-2222

■メールの方はこちらから

お名前 (必須)

ご住所

お電話 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

詳細をお書き下さい

お名前 (必須)

ご住所

お電話 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

詳細をお書き下さい