橋本 城岳 造
『金砂子扇面』

橋本 城岳 造


金砂子扇面


径12cm x 高さ7.6cm


現代の京焼に大きな影響を与えた多くの名工のなかで野々村仁清と尾形乾山の存在はひときわ大きいものと思います。
本格的な色絵の陶器を製作し美しい赤や緑青や紫の上絵付に金銀彩を加えた華麗で雅やかな焼物を創りだした仁清・また仁清の技法を受け継ぎながら絵付や書・画賛等に特徴を出し独特の雅陶をつくりだした乾山、他の地方窯では見ることのできない都会的で奢侈で垢抜けした意匠、洗練された技法、この偉大な先人の作品に魅せられ、陶芸の道に入った私は現代の生活の中で生かされる色絵陶芸や雅味豊かな乾山写物を、と茶道具を中心に日夜研鑽努力し今日に至っております。
~栞~より

明治40年 福井県南条杣山城麓に生まれる
昭和15年 旧満州国遼陽に於いて陶業を経営す
昭和25年 京焼伝統作家井上春峰に師事す
昭和30年 京都鳴滝に築窯
昭和32年 洛東五条坂に移り今日に至る


※ 写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。


この商品についてのお問い合わせはこちらからどうぞ。

■フリーダイヤル 0120-23-4648 (水曜日を除く9:00~18:00)

※携帯電話からお掛けの場合 0234-23-2222

■メールの方はこちらから

お名前 (必須)

ご住所

お電話 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

詳細をお書き下さい

お名前 (必須)

ご住所

お電話 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

詳細をお書き下さい