第30回 羽黒山奉納茶筌供養祭

茶筌供養祭について「めざすはひとつまあるくまるく」

古の茶人たちが「和敬清寂」を胸に茶の道を極めようと精進したことはいうまでもありません。昭和60年6月15日から今日まで奉納茶筌供養祭を行ってまいりました。

15日は陰暦でいう月満ちる日、まさに満月の日でもあります。また円は無差別・平等を意味するとも言われ、茶人ひとり一人の心の形が大きく、広く、深く、そしてまあるくなることを願い、定められました。

茶人の気を集中させる大事なお道具「茶筌」を火に投じて供養し、地に帰しながら、大自然やご奉仕いただいた多くの人に感謝する厚情は、茶を通して心を通じ、生きるものすべての幸せを願うことにつながると信じております。

いにしえの茶人に感謝しながら、ひとつの行事ではありますが、この気持ちが多くの人々の心をまあるくまるくし、未来に向けて世界に広がっていくことを求めてやみません。

~奉納茶筌供養祭の様子・流れ(クリックしてください。)~

1 : 日時

平成26年6月15日

2 : 開催場所

羽黒山 出羽三山神社

3 : 開催時間

AM 8:30 ~ PM 15:00
※ AM 9:40まで出羽三山神社参集殿へ集合

4 : 参加費用

バス利用者 12500円(バス代、食事、御神饌)
自家用車 11000円(食事、御神饌)

5 : 定員

定員は100名様までとさせていただきます。

6: 申込方法

メールかTELにてお問合わせください。 ㈱萬谷2F茶道具部 0234-23-2222
メールの場合はここをクリックしてください。

7 : 締め切り日

第一次〆切 5月22日
第二次〆切 6月5日まで

8 : 流派・資格など

流派を超え、皆で協力し合い茶筌供養を行っております。どなたの参加も可能です。

9: その他注意事項

当日、ご使用済みの茶筌をご持参ください。また、当日の参加申し込みはお断り致します。